ビアンコロールが市販されていないのはどうして?

ビアンコロールは通販限定販売となっています。

 

薬局やドラッグストアなどの店頭では市販されていないんですね。どうしてなんでしょう?

 

 

☆ビアンコロールが市販されていない理由

ビアンコロールが市販されていないのはどうして?

 

ビアンコロールは通販限定で販売されています。しかも公式サイトのみで販売されているんです。

 

市販されたり、通販でも大手サイトなどでも販売されたらもっと多くの人が購入して儲かるんじゃないかと思いますが、そういうわけじゃないんですよね。

 

実はビアンコロールってちょっと危険なサプリなんです。

 

その主成分であるホワイトキドニービーンはその昔、痩せすぎて危険だと販売禁止になった成分でもあるんですよ。

 

とにかくどんどん痩せていくのでそれが良くて飲みすぎてしまうということもあり得ますね。
そういった事情があったのですが、かつて販売されていたのはパウダー状のもの。これだとどれだけ飲んだかという量を調節するのが難しくなってきますね。
そこで、錠剤に加工して今回販売許可をもらったのがビアンコロールなのです。

 

ホワイトキドニービーンのほかにもレスベラトロール、アサイーなどの成分を配合して、
脂肪の吸収を妨げ、体内の脂肪は分解、燃焼、そして体外に排出すると痩せる道を開いてくれるものなのですね。

 

 

こうしたビアンコロールが市販されたらどうでしょうか?
説明書もろくに見ないで大量に飲んでしまったらどうなるでしょうか?

 

危険ですよね。販売側の責任も問われてきます。

 

なので、市販はせずに、公式サイトでの限定販売にしているのです。

 

 

☆ビアンコロールは危険なの?

ビアンコロールが市販されていないのはどうして?

 

危険な面もあるということで不安を抱く人もいるでしょうね。

 

危険なのは正しい飲み方をしない場合です。過剰摂取は特にいただけません。
ビアンコロールの適量は1日に1〜2粒です。
昨日のみ忘れたからといって3粒飲んだりはNGですよ。

 

公式サイトにも書いてありますが、このビアンコロールを飲むには条件があります。
・毎日体重チェックをすること。5日以内に7キロ以上減量した場合、使用を中止すること。
・摂取量を必ず守ること
・体重が40キロ未満の人は飲まないこと

 

こうしたことが守られる人でないと危険が生じる可能性があるということですね。
裏返せば、それだけ効果があるということですが、一歩間違えると危険になるということです。
しかし、正しく飲んでいれば何の問題もないダイエットに最適なサプリというわけなんですよ。

 

大量に飲んだからといって即効性があるわけではありません。効果が出る時期も人によって違いますので、口コミは参考程度に見ておいてくださいね。
適量を守って安全に健康にダイエットをしましょう。

 

公式サイトはこちら!

ビアンコロール

https://mo-style.net/